抜け毛を注文できば、自信が生まれる

人気記事ランキング

ホーム > AGA治療 > 育毛の基礎知識~男性ホルモンと薄毛の関係~

育毛の基礎知識~男性ホルモンと薄毛の関係~

三十代を過ぎた辺りから、前髪が後退したり、頭頂部が薄くなるといった形で薄毛を発症してしまう男性が、徐々に増えて行くものです。こういった症状の原因の多くは、男性型脱毛症と呼ばれる症状を発症してしまうためだったりします。そしてこの男性型脱毛症になってしまうのは、遺伝によるものだと考えている人が少なくありません。

確かに男性型脱毛症を発症した人は、母方の祖父が薄毛だったというケースが多く、遺伝的な要因も十分に考えられます。ですがそれだけでなく、髪の毛が薄くなる原因は、男性ホルモンによる悪影響も多かったりするのです。というのも男性ホルモンには、ヘアサイクルに乱れを生じさせ、髪の成長期を終わらせてしまうという特徴があります。だからこそ薄毛を発症した人の髪は、細く短い状態のまま成長しなくなってしまうのです。

しかも厄介な事に、男性型脱毛症は進行形の脱毛症であるため、放置していると改善は見込めないだけでなく、より薄毛が進行して目立つ事になります。なので薄毛に気付いたら、出来るだけ早めに育毛剤を用いて、薄毛対策を施す必要があるのです。

というのも育毛剤には、男性ホルモンとは違い、髪を育毛するための成分が多く含まれています。なのでそうやって髪の育毛に必要な成分をきちんと補ってあげる事で、薄毛の進行を食い止め、ホルモンの悪影響を弱める事が期待出来るのです。

チャップアップなどの最強育毛剤はこのあたりも視野に入れつつ開発された商品ですので、私は信頼して使用しているという経緯があるわけです。