抜け毛を注文できば、自信が生まれる

人気記事ランキング

ホーム > 美容 > 薄毛になやむ母

薄毛になやむ母

今日で里帰りも最終日。
最後の日はどうすごそうかと思ったけど、お墓参りにいくことに。
お墓参りは里帰りした初日に本当はいくべきだよなと思う。
だけど、お母さんもお父さんも墓参りのことはいつも忘れてしまっているみたい。
おばちゃんへの線香も忘れていた・・・。
おじさんの家でバーベキューしたときに線香だけあげておけばよかった。
最初にお父さんの方のお墓へ。
お先祖様の一番古いのは兼政さんで、おじいちゃんのおじいちゃんに当たる人らしい。
昭和12年(1937年)で70歳ぐらいで亡くなっているらしいので、江戸時代末に生まれた人ということ。
おじいちゃんが昭和46年ぐらいに50ちょっとで亡くなっているらしいので、おじいちゃんはきっと兼政さんといっよに生活したこともあったに違いない。
そう思うと江戸時代って結構最近なのだなと思う。
お母さんの方のお墓参りに行く途中、元おばあちゃん家の土地のよこを通った。
今はスシロになっていた・・・。
おばあちゃん家は小学校低学年ぐらいのときに行ったことがあって、少しだけ覚えている。
犬といっしょに遊びたかったけど1人では怖くて、兄貴にいっしょに行こうって言ったのに行ってくれなかったのを覚えている。
お墓参りしている途中、雨がすごく降ってきたので、大慌てでお線香だけあげて、すぐに帰った。
おじいちゃんだけではなく、おじいちゃんの弟、お兄さんののお墓にもお線香をあげた。
ご先祖さまというのがいるということは当たり前なのだけど感慨深い・・・。
母ももう65で髪も薄くなってきた。
女性用育毛剤を使っているらしい。
女性の薄毛
↑結構悩んでいる女性は多いみたい。
ベルタ育毛剤というのがいいらしいよとおすすめしておいた。